• 酔っ払いオンザロード

    酔っ払いオンザロード

    お酒が好きな割りにすぐに酔っ払う、お酒に弱い人っていますよね。私はずばり、その厄介な人です。酔っ払うとめんどくさいと言われるあのタイプです(笑)

    泣きはしないのですが、とにかく笑い上戸で気が大きくなり、普段言えないというか心に隠していることをいとも簡単に放り出してしまいます。後で泣くほど後悔します。

    なんのために心にとどめておいたのか、ちょっと飲んだだけでぱーっと解放してしまうのではもう誰も信用してくれないでしょう。

    今のところ、自分の秘密や人に対しての指摘ぐらいなものですが、それでも「言っちゃあまずいかな」ということを言ってしまうわけなので、なんとも気まずいですね。

    相手は「まあ飲んでの席の話だし」と水に流してくれるのですが、心のどこかに引っ掛かったまま忘れることはできない、というのが人間だと私は思うのです。

    少なくとも、自分はそうだと思います。それを他人様にしているのですから、本当に厄介なやつだなあと思います。

    先日も同じようなことがあり、ちょっと自己嫌悪に陥りながら酔っ払ってフラフラと夜道を歩いていました。こんな時、日本は本当に平和だなと実感します。

    酔っ払いの女性が一人で夜道を歩いていても大丈夫というのは、世界でみてもかなり治安のいい国でしょうね。なんてことを考えながら、家路を歩いておりました。

    歩くたびに、どんどん酔いが回ってきます。お酒が体に合わないので、心臓はどんどん高鳴っていきます。

    気分が悪くなるということはあまりないのですが、とにかく呼吸がはやくなって「ぽや~ん」という感じになります。そんな状態でフラフラと歩くので危険は危険です。

    なので車どおりのない、静かな夜道を選ぶことになります。他の面で危険ではありますが、酔っ払いにはそこまで気が回らないのです。たまに休憩しながら歩きます。

    夜道は静かですが、夜の音がします。夜の生活の音といいますか、お風呂の音やテレビの音、早く寝なさいと子どもを叱るお母さんの声などです。

    いい気分で歩きながら、夜の音を楽しみます。昔小さかった頃に親にしてもらったことを思い出しながら、あの頃は良かったなあなんて一人ごちるのです。

    今だって不幸なわけではありませんが、絶対的に守られている立場というのはもう経験することができないものです。子ども時代とはなんと貴重な時なのでしょうか。

    酔っ払いのくせに難しいことを考えながら、長い夜道を歩くのでした。

    エヌワン値引き

    スイーツになる前はダメ?

    トマトはあればあるだけ食べてしまいそうなほど、大好きな野菜です。でも、トマトスイーツはあまり食べる気がしません。というのも、何年か前に食べたトマトゼリーが甘ったるかったから。

    売り切れるほどの大人気だというから、どれだけ美味しいものかと期待しました。トマトは大好きなのでそれを使ったゼリーも気に入るはずだと、勝手に思い込んでしまっていました。

    幸いにも手に入ったので逸る気持ちを抑えながら食べてみると、ただ甘い。極度な甘さとトマトの味があまりにも不釣合い。口に合わないからと言って処分してしまうなんてもったいないことはできず、1個を食べ切るのにどれだけの時間を要したか…。評判だけを聞いて期待することや勝手な思い込みは危険だと思い知らされました。

    そんな経験があるだけに、トマトスイーツはどうしても食べたいと思えないんです。それなのに、トマト以上に変り種が好きな者の弱みですね、これは。「セレブ デ トマト」が作る数々のトマトスイーツが気になってしかたありません。

    大人気だという「自家製トマトジャムのロールケーキ」スポンジ生地で生クリームと一緒に、自家製トマトジャムがロールされているんだろうということはわかります。想像しがたいのが、その味わい。完熟した新鮮なトマトで作ったジャムは、果たして生クリームとスポンジ生地に馴染めているのでしょうか。

    「セレブ デ トマト」では、「ガトーショコラ」にもトマト入り。濃厚な美味しさを楽しめるオーソドックスなガトーショコラ。それにデコレーションされているのは、トマトジャムが混ぜ込まれたクリーム。上質なチョコレートと新鮮なトマトジャムの相性はいかに?

    バニラアイスを添えられたトマトのブリュレはどうでしょう。「完熟トマトのブリュレ バニラアイス添え」は一番人気があるメニューなんだそうです。さらにバルサミコソースまでかけられています。完熟トマトとバニラアイスだけならまだしも、アクセントにバルサミコソースをかけられたときたら、全く想像がつかなくなってしまいます。

    「セレブ デ トマト」で使われているトマトは、どれもフレッシュなものみたいです。スイーツになる前のトマトを味わいたいと言ったら、怒られてしまうでしょうか。